2010.12.12 Sunday

食い倒れ@釜山2

あ、もう前の記事から1ヶ月経ってるΣ( ̄ロ ̄lll)

前回の釜山旅の記事の中で、また年内に行くよー!と書いてましたが、
11月にまた釜山行ってきました。
今回は、カジノでゆっくり遊びたかったので2泊3日で♪

ホテルからの夜景

釜山病み付きです。
ごはん美味しいし、物は安いし、カジノはあるし♪

いろいろ屋台で食べたい〜といいつつも
毎回行く人が違うので、じゃー焼肉!となっちゃいます。
ま、嫌いじゃないからいいんですが、
なんだか最近着いたらお約束のような感じになってきましたw

で、今回は前回の焼肉屋さん向かいにあるお店へ。

チョキチョキ切ってくれます。
結構食べたのでそれなりの値段はしましたが、
↓こんなものも食べれたし、満足です♪


サービス!と言って出してくれた刺し盛り。右はしの白い物体は「脊髄刺し!」
いや〜、なかなかのお味でした。また食べたい!

よく観光サイトの口コミで、韓国のお店は
「店員の態度が悪い」とか「無愛想だ、もう行かない!」とかよく見ますが、
海外に行って日本と同じサービスを受けられると思うなと言いたいですね。
確かに釜山のお店のおばちゃんたちは無愛想な人が多いですが
あれが普通かなーと思います。
無愛想なおばちゃんでも、帰るとき「ごちそうさまでした!」と
片言でもいいので韓国語で(←これ重要)言うと、
すごく喜んでくれます。
旅行に行ったら現地の言葉でのあいさつぐらいはね。

**** 続きはこちら****

んでんで、今回PIFF広場でお初に巡り会いました!

ホットクの店はたくさんあるんだけど、
このお店は老舗らしく、ものすごい行列!
今まで釜山には何度も行ったのに、遭遇しなかったなぁ。
(次の日も行ったけどいませんでした・・・。)
とりあえず列に並んで食べましたが、めちゃめちゃ美味しい! 
これ日本でも食べれたら嬉しいな♪
実物写真がなくてすんまそ。
この時、日本語ペラペラの韓国人夫婦と仲良くなって
おしゃべりしていたので、写真を撮るのをすっかり忘れてました。
その夫婦は大阪と福岡が大好き!と言い、
もし私が福岡にホットクの店を出したら買いますか?と。
毎日買いに行くよー!!!(ホントに!)
日本で起業しようとしているみたいだったので、
ぜひぜひ、いつの日か日本でお会いしたいです。
すごくすごく素敵な夫婦でした。楽しかった!
しかーし、同時に日本語以外全然しゃべれない自分にガッカリ。
海外に行くと毎回このガッカリが訪れます。
帰国する旅に英語をしゃべれるようになりたい!と思うんですが、
三日坊主どころか、一日坊主・・・w

1日目の夜はご飯を食べた後、コスメを買いに街をブラブラ。
最近、天神地下街にも出来たんですが、スキンフードでお買い物。

写真はもらったサンプルも写ってますが、
これだけ買って2000円チョイです。日本だと約3倍。
タマゴのヘアパックも450円前後でしたが、日本で買うと1280円ぐらいしますから!
あまりに安いので店員さんに乗せられっぱなしで
ポンポンかごに入れちゃうけど、それでも安い!
もうちょっと買っておけばよかったな〜と。

2日目朝。
スンドゥブチゲのお店へ。

これ3500w(250円)。
こんなの日本にあったら毎日通うよ。
もちろん次の日の朝も食べました。


おばちゃんたちは隣で朝ご飯。
店員さんが客と同じ場所でご飯を食べるなんて、
日本では見ない光景ですが、韓国ではよく見ますね。
呼んだら、ごはん口に入れたまま対応してくれます(笑)

2日目はカジノ三昧。
といっても、そんなたいしたお金は使ってないですが、
細く長く楽しみたい派です。
そしてここで出会う人たちも、なかなか普段は会話することのない
おっさんとかが多いので、それもまた楽し。
前回、いいですと断ったメンバーズカードも作ってきました(*´∀`)
次はいつ行こうかな〜。
あ、カジノで写真撮ろうとしたら怒られますので要注意。


そしてお決まりのクリスピークリームドーナツ。
ドーナツにグレーズ(シュガー)がかけられて
流れて行くこの行程を見るのが好きですヽ(*´∀`)ノ
福岡にも博多駅(阪急?)に出来ると聞いたんだけど!!
本当ならたのしみだ!!

さて、次はいつ・・・といいたいとこなんですが、
北の方とはどうなるんでしょうね?


2010.09.26 Sunday

週末弾丸食い倒れ@釜山


9月最初の土日に相方さんと釜山に行ってきました。
お昼に博多港を出て、翌朝8時半の高速船で帰るという滞在時間17時間の弾丸旅!
食べることが目的のときはこれくらいでも十分かな〜。
カジノに行く時間がなかったのが残念だけど。

ホテル+高速船のセットでな・ん・と!13500円。安ーいっ!!
送迎をつけるとお土産やさんとか免税店に連れて行かれて時間の無駄なので、
完全フリーのパックにしてます。
フェリーターミナル付近と、主要スポットぐらいは
地図なしでも歩けるようになったので、
あとはタクシーか地下鉄使えばいいしね〜♪♪

急いでホテルにチェックインして、さっそく腹ごしらえ。
遊ぶ時間が6時間チョットしかないのですが、ひたすら食べます。

まずは南浦洞の「ハルメカヤミルミョン」へ!!

日本語全く通じませんが、なんとかなります(笑)


ミルミョン。冷麺みたいな感じです。
違いは麺。冷麺はそば粉、ミルミョンは小麦粉です。
はさみでチョキチョキ。
コチュジャンが効いてピリカラで美味しいです。
スープは冷麺みたいにさっぱりした味です。
とりあえず、最初はそのまま食べて後から酢をちょっと足して食べるのがスキです。
ここオススメです。

**** 続きはこちら****

免税店で買いたいものがあったので、地下鉄で西面に移動。
クリスピークリームドーナツを狙いつつもちょっと後回し。

買い物を済ませた後は、韓国B級グルメの代表「ホットッ」
これは食べなきゃ!の一つです!


ホットッを食べた後は、SevenLuckに惹かれつつも
ササーっと南浦洞へ戻り街をウロウロ。
靴下トラックに山積み!


今回の旅はパッピンス(かき氷)を食べたかったんですが
でも、お腹いっぱいで横を通って覗いて終了・・・・(;´−`)
夏しか食べれないのに、また断念しました。
冬はぜんざいになるんですが、大嫌いなんです小豆が!!!

アメリカンチェリーを食べ〜、

のどが渇いたので、カフェでコーヒーテイクアウト。
ウロウロして次の食べ物を物色w

気になるけど、今、米粒はいらない。

おでんの気分でもない・・・。
ま、結局メインは焼肉にたどり着きました。
相方さんがね、焼肉好きだから。
乗り気ではなかったけど、お店に入ったら食べちゃいます!もりもりとw

生(セン)カルビ、チョキチョキ!

チシャにくるんで!

ネギサラダを乗せて!
美味しい〜!満足満足。

帰りに、クリスピークリームドーナツをテイクアウト!
ホテルに帰って食べました♪♪
普段小食なんですけどね・・・。

スーパーでお土産も物色。
ひもなしコンバースは4万9千ウォン。
この日のレートで3500円ぐらいでした。安ー!。

短時間だけど、かなり満喫。
暴飲暴食しまくって、次の日起きたら、
おでこに巨大吹き出物が出来ていた・・・((((;゚Д゚)))

でも、また年内に行くよ〜!釜山!


2009.07.23 Thursday

タイ バンパイン宮殿

先にこっちから。
最近あんまり家にいないので書く暇がないよ〜。
ホントはアユタヤまで行く過程?とか、たくさん書きたいんだけど・・・。
いろいろあったんですよ。いろいろ・・・(^^;


アユタヤに行く途中、バンパイン宮殿に寄ってみました。
いろんな様式の建物がありました。

ホーエン・モンティアン・テラワット
クメール調のつくり。




プラ・ティナン・アイサワン・ティッパアト


手のひらに乗っけてみましたw


プラ・ティナン・ワローパート・ピーマン


ところどころに銃を持った軍?の人が・・。
怖いよねーこの銃。





プラ・ティナン・ウィトゥン・タサナー
中に入ったんだけど・・・時間あったら追記します。


プラ・ティナン・ウェーハート・チャルムーンの横にあったもの。
ここは内部の撮影が禁止。


予定ではここには行くはずではなかったので、来れてよかった♪
そしてアユタヤへ。



2009.06.18 Thursday

タイ カンチャナブリ編

前回行かなかったカンチャナブリに行きました。

日本人には心の痛い場所です。
海外にはこういう場所が結構あって、今までにも何度か見てきたけど、
韓国の西大門刑務所歴史館でマジ凹みに陥ったので、
正直、博物館系はちょっと・・という気持ちもあり、今回はその辺は外しました。
カンチャナブリに1泊2日すれば行ってただろうけど。


「戦場に架ける橋」で有名なクウェー川鉄橋
形が違う部分は、丸い箇所がオリジナル、台形の部分は爆撃されたところを修復した部分。
列車が走ってるけど、歩いて渡れます。


川にかかる部分はこんな感じで下が見えてる。
高所恐怖症の人には恐怖でしかないだろうね。



日本の会社が修復をしてるようです。


線路は続くよどこまでも。。。でも今は一部しか走ってない。


往復して戻ってくると、列車が駅で停車してた!
ちょっと中を覗いてみました。この列車はすごいボロイJRのような感じ。



移動してアルヒル桟道橋へ。
ご飯を食べていたら、列車が来た!


近い!

いろんな人たちが乗り降り。






ここも歩けます。


近くの洞窟に入ると・・・





絶景ですが、ここは一番工事が困難で、死者をたくさん出した場所。



すごいつくり。



電車に乗ってみました。
世界の車窓からの気分です。


絶壁側はこんな感じ。


車内


しばらく走ると、景色が変わる。



なんだか、TVを見てるみたい。日本ではなかなかない光景だよね。




時間なくて、写真にキャプションのような形になってしまった。
ま、でも書かないよりマシかな。
ゾウに乗ったり、イカダに乗ったりもしたんだけど・・・。

今、写真関係の出展準備がバタバタで冷や汗 と言い訳をしてみるw

次回はアユタヤ編。


2009.05.29 Friday

タイ ゲストハウス編

宿泊先は、前回と同じ Befriend ゲストハウス。
少し前に soi24/1 に引越ししたらしく、前の場所より便利になってた。
そういえば、前ゲストハウスがあった soi39 はどこかのガイドブックには
「夜暗く危ない」と書かれてた。そういえば確かに・・・。


soi24/1
BTSからも近くて便利。人もたくさんいたし、確かに前の場所よりはよかったかも!


ゲストハウス。
なんかネットカフェか、電気屋さんみたい。
スタッフのお姉ちゃんが、前泊まった事を少し覚えてた!ビックリ!
でもねー、前回の時みたいに、長期滞在者がいなかったんだよね。
ちょっと淋しかったかな。。。。


部屋はこんな感じ。寝れれば十分です☆
シングル(シャワー、トイレ、エアコン付き)1泊470B
前は、シャワートイレ共同だったので、その点はレベルアップ!でもちと高い。
30Bで洗濯+乾燥サービスを始めてた!
歩くと汗だくになるのでこのサービスは助かった。


廊下の窓からの景色。
決してよいとは言えないけど、まーこんなもん?



ちょっと歩けば、、、


soi39 にあるマッサージ屋さん。
前回来た時に知り合った方に教えてもらったところ。
前はいろんなマッサージ屋さんに行ったんだけど、
今回はここだけ。カンチャナブリに行った日以外は行きました☆
タイ古式マッサージが1時間180B。安い!
フットマッサージだけ頼んでも、肩とか背中とかマッサージしてくれるんだよねー。
どこでもドア使って週1で通いたいぐらい。

今日は時間が無いのでここまで。
次は観光・カンチャナブリ編!

つづく

2009.05.22 Friday

タイ グルメ編


日記みたいにすると、途中で断念しそうなので、写真メモのみ。自分でも忘れないために。
グルメ編・・と呼ぶほどあまり写真を残してないんだけど。
好きなものは毎日食べてもいい人なんで、かなり偏ってます。thai09_01.jpg
見ての通り、トムヤムクン。ほぼ毎日のように食べました。
これは、siam squareにある Baan khun Mae というお店のトムヤムクン。
メチャメチャ美味しかったですモグモグ
日本でお味噌汁食べる感覚で、頻繁に食べれたら幸せですね。
福岡にもタイ料理の店、何件かあるのでそろそろ行きたいな。
thai09_02.jpg
ちなみにこれは、MBKのフードコートで食べたトムヤムクン。
さすがフードコートだけあって、見た目も味もBaan khun Mae の
トムヤムクンと比べると劣りますけど、全然OK!イケテル

食後のデザートは、siam square のマンゴータンゴに行って、
ココナッツミルク+タピオカ+マンゴのデザート。最高の組み合わせ!!てれちゃう
thai09_03.jpg

thai09_04.jpg

thai09_05.jpg
東京にもお店があったみたいだけど、閉店したらしい。
マンゴーデザートの店、あったら毎日行くのにな。
このお店、エンポリアムの中にもありました嬉しい

thai09_06.jpg
んで、意外と美味しかったのがこれ。

thai09_07.jpg
ワットプラケオに行った帰りに、あまりの空腹に、
王宮前広場の屋台で食べたやつ。1杯20B(約60円)
これは・・なんですかね?(笑)味はカレーです。
本を見ると、その味だと「カノムチーン」と書いてあるんですが。。。
分かる人コメントお願いします!
こんな感じで売ってました。
thai09_08.jpg
おばちゃんたちと混じって食べる。
おっさんに、テーブルの野菜をちぎって入れるんだと教えてもらった。
けど、もうほぼ食べてしまった後だった(笑)

次に食べたのはこれー!豚みたいな感じ!?
thai09_09.jpg
誰かこれ何という食べ物か教えて下さいまし。美味しかったんだよね。
味は意外とありそうな感じなんだけど、変わった食感だった。
thai09_10.jpg
写真撮りまくってたら、おじちゃんが(笑)

ご飯食べたら、やっぱりフルーツでしょ。
thai09_11.jpg
こんなにたらふくフルーツが食べれるなんて超うれしいてれちゃう
ここにはマンゴーが無かったようなので、パパイヤを買ってみました。

ワットプラケオで何かイベントがあってたので、タクシーに乗れなかったんです。
(まー、その話はまた後日)
なので、ター・チャーン船乗り場まで歩くと、乗り場の前はたくさん屋台が。
thai09_12.jpg

thai09_13.jpg
ここでもフルーツ屋さんを覗いてみると、マンゴー発見!!!!!
早速購入!!
thai09_14.jpg
5個か6個ぐらいマンゴーが入ってるこの一袋がなんと20B(約60円)
すばらしい!!パクッラブ

うちの裏のスーパーで買ったら1個298円だよ!なんて幸せ☆彡
あ、ちなみに今タイフェアーやってるんです。
においを抑えたドリアンとか置いてあります。

ん、あんまり写真がなかった。
thai09_15.jpg

thai09_16.jpg
ベンチャシリ公園前の屋台。
やきとりが美味しかったんだよねー。

今回の心残りは、プラトゥーナームセンターの向かいにある
ピンクのカオマンガイ(ラーン・ガイトーン・プラトゥーナムというお店)を食べ損ねたこと。
バイヨークスカイの展望台に行った時に寄ればよかったんだけど、
その時は食べたい気分じゃなかったんだよね。。。

でも、これで「また行こう!」って気になるからいいか☆
次回はここでカオマンガイを食べたいと思います 嬉しい

2009.05.15 Friday

スワンナプーム空港


飛行機降りて見た夕日。まぶしい!


ここの空港好きなんだよねぇ。


カッコイイ。

でも、結構欠陥があるらしいw

2009.05.09 Saturday

ただいまー。

あ、かなり久々の日記になってしまった 汗

昨日タイから帰国しました 地球
たのしかったー☆
1〜2年ぐらいタイに住みたい。
今回は、前行かなかったカンチャナブリやアユタヤに行ってきました。
余力があったら日記書きます 嬉しい

花嫁さんだから、焼けたらダメだって言われてたのに、
見事に焼けました。胸元とか日焼け止め塗るのすっかり忘れてた 冷や汗
あーそうそう、嫁に行くんです ぴかぴか

2008.12.16 Tuesday

旅の記録@カンボジア 3日目その1

長くなりそうだったので3日目は分けました。
その1はバイヨン〜ニャックポアンまで。
その2でタ・ソム〜アンコールワットまでを書きます。

3日目:観光

ゆっくり7時起床。8時から朝ごはん。
3日目の朝ごはんはこれ↓


ボッボー(おかゆ)具は鶏肉です。
横の緑の飲み物はトゥック・ソォムダェク・キーウ。
緑豆の豆乳。めちゃめちゃ甘くてビックリする。
甘すぎて全部飲みきれずちょっと残した。
たぶん、ゴハンと飲み物2人分で100円前後だと思う。

今日は、アンコール・トムとその周辺(大回りコース)を観光。



アンコール・トム南大門前の道路脇にある神々の像
私の背がもうちょっと高かったら違う写真になってたと思う。
背伸びしたけど、これが限界w

■南大門


■バイヨン



第一回廊 南側
・・・だったと思う。

実はしばらく東門の場所を勘違いしてたんだけど
太陽の位置でおかしいことに気づいた。

vannが今までは遺跡の入り口正面で降ろしてくれてたのに、
バイヨンだけ東門じゃなくて北で降ろすんだも〜ん・・。
でもそれには理由があって、アンコール・トムの中を見終わってトゥクトゥクに乗る場所が、
バイヨンの北からしか見えなくて、それを説明するために北で降ろしてくれたんだけどね。

基本、方向音痴ではないので、初めての場所でも自分がいる場所は大体分かるんだけど、
vannがバイヨンの東で降ろしてくれたと思い込んでたので、
何かおかしいなぁ?と思いながらウロチョロしてたので
撮ったレリーフがどの場所のものだったのか、
微妙に分からなくなってしまった・・・。うむ〜。


バイヨンは庶民の生活や貴族の生活が描かれてる。


東門入り口付近 崩壊している






デバター


中央祠堂付近








南門付近にいたこども

うーん、バイヨン超好きな遺跡だけに、位置が分からなくなってしまったのが悔しい。
また行きたい。


■バプーオン

ピラミッド型遺跡。
昔はバイヨンより高かったらしい。壊れたんだって。
修復のためここは中に入れなくなってた。


■ピミアナカス


ピミアナカスは「天井の宮殿」「空中楼閣」という意味があるらしい。


スゴイ急な階段。


人が降りてくるとこんな感じ。
このオジさんが落ちてきたら・・と思うとゾッとする。
一応登ってみた。



■象のテラス

ガルーダとジャシンハが交互にテラスを支えている


3つの頭をもつゾウの柱



■北大門

ここでアンコール・トムの見学終了!


■プリア・カン

リンガを模倣した砂岩彫刻。
土台分にガルーダ、上部には仏陀が彫られていたらしいけど削り取られてる。
内部にも削り取られた仏陀の跡がたくさんあった。


ナーガを踏みつけるガルーダのレリーフ


この辺から、カタコトの日本語と英語を話す兄ちゃんに頼んでもないのに遺跡を説明される。
きっと最後にお金取られるんだろうと分かったけど、
たまには遺跡の中でガイドしてもらうのもいいかなーと思って、
ガイドしてもらうことにした。

それ以外の遺跡では、大体日本語ガイドがどこかにいるので、
興味あるところはしれーっとその日本人団体の横にいて話を一緒に聞いてた。
セコイ感じだけど、たまにはいいでしょ。


破風


デバター


崩壊している


頭が削り取られたデバター




西門の近くで


西門


仏陀が削り取られていたのは、宗教戦争でのもの。
こんな感じで首を落としたり、手首が切られているような破壊は
全てポル・ポト時代のものらしい。

やっぱり最後は「チップくれ」と言われたんだけど、予想してた額より多かったw
20$とか言われたけど、それは多すぎだろ!
「そんな払えん」と言ったら、「日本語学校に行きたいから」と言われたので、
半分の10ドル払った。この遺跡だけで10ドルって結構な金額だよ〜。
カンボジアの1ヶ月の平均収入(30$〜50$)を考えるとどれだけ高いかわかる。
でも、ガイドは英語だったけど聞き取りやすかったのでちゃんと説明はわかったし、
ガイド本に載ってないこともたくさん教えてくれたので、まーいいかと。
しれっと日本語ガイドの盗み聞きをしてた分を払ったと思えばね。
だけど、さらに「あと1ドル」とお願いされたので、結局11ドル払ったw
日本語頑張って勉強してください。ハイ。


■ニャック・ポアン

乾季には中央池の水がなくなって、中央祠堂に行けるらしいけど、
ご覧の通り、雨季が終わりかけの池にはたくさん水があったので、
中央祠堂にはいけませんでした・・・。


人の頭部
中央池の四方の堰の中央に、象・ライオン・馬・人の顔をした水の吹き出し口があって
ここから流れ出す仕組みになっている。



3日目後半につづく。

2008.12.06 Saturday

旅の記録@カンボジア 2日目

2日目:観光

載せたい写真も、書きたいこともたーくさんあったんだけど、メチャメチャ長くなるし、
写真の数もハンパじゃなかったので、削って削って簡単にまとめました。
あと、写真の量が多いのでかなり画質を落としたのが、ちょっと不本意だけど仕方ない。

朝4時起床。
5時にはトゥクトゥクでゲストハウスを出発。

しばらく走ると、チケットチェックポイントに到着!ここで入場券を買う。
チケットは使いまわし防止のために写真入り。こんな感じ。


まだ暗かったので、写真がオバケみたいで怖い。(載せるので少しボカしてます)
このチケットは3日券($40)で写真がバンテアイ・スレイ
確か1週間がアンコールワットだったかな?1日券はなんだったんだろう?
この券でベンメリアなどの一部の遺跡以外は全て入れる。

そこを通過してしばらく走るとアンコールワットの環濠が見えて来た。
でも暗いのでよく見えず。でも濠が「超デカイ」のだけはよくわかった。
ワクワクしてきた。

西参道正面で下ろしてもらって、そこからは徒歩。
まだ暗いので携帯のライトで足元を照らしながら歩く。
西塔門を過ぎると、暗闇に祠堂全体が見えてきたー!
真っ暗で影のようにしか見えないけど、それでも感動。

「歩き方」に聖池からみると綺麗だと書いてあったので、聖池前で陽が昇るのを待つ。
でもねー、この時点で雲が多いことは分かっていたので、期待はしてなかったんだー。
案の定、陽が昇るのは見れなかった。


でもアンコールワットのシルエットは綺麗だったなぁ。



参道からみる中央祠堂

アンコールワットは午前中逆光らしく
午後から観光するのがベストなので、一旦、街まで戻って朝ごはん。
ゲストハウスの近くの食堂。


今回はガイド本に載るようなレストランらしいレストランには1回しか入らなかったかも。
あとは一般庶民の食堂で。
ただね、結構ハエが飛んでるので、ダメな人はダメだと思います。
そういう人は綺麗なレストランへ行ったがいいです。
あとお腹弱い人もね。氷や水で腹下すと思います。
でもね、こういう店はメチャメチャ安くて美味しいんだよー。
こういうとき、お腹丈夫でよかったと思う。
海外でお腹壊したこと一度もないもんねー。

今日の朝ごはんは「クイティウ」


カンボジアのお米ヌードル。
豚肉と野菜で取っただしにナンプラーで味付けてあるらしい。
これが超美味しい。あぁ、幸せ。朝ごはんはvannがおごってくれた。
はっきりわかんないけど、2人分で100円チョイぐらいだったと思う。

その後、昨日忘れてた両替えに行って、vannにお金を返したあと、
そのまま、郊外のバンテアイ・スレイへ。ちょっと遠いので、途中でガソリン補給。
街の中は日本みたいなガソリンスタンドが多いけど、ちょっと外れるとこんな感じ。


ピントが合ってない・・・。

で、さらに郊外に行くとガソリンを瓶に詰めてる。


着くまでの話もあるんだけど、長くなるので省略。
バンテイアイ・スレイが陽が昇ってから初めての遺跡。
ここで初めて物売りの子供たちに出会う。
話には聞いていたけど、予想以上でビックリした。
ちゃんと顔を見てどこの国なのか見分けてる。

「オネエサ〜ン、ヤスイヨ。コレ、イチドル」
「カエリカウ?」
「アナタノカオ、オボエル。ナマエハ?」

全部相手にしてたらキリがない。
地雷で負傷しただろう子供も地べたに座り込んでる。
言葉が出ないというか、胸が詰まる。


■バンテアイ・スレイ


中央祠堂


残念ながら中央祠堂は保護のため立ち入り禁止。
ここにある「東洋のモナリザ」といわれるレリーフを見たかった。


破風


レリーフ


デート  ですか?




裏に回ると、崩壊するのを防いだりしている。


遺跡内にいた子供たち。韓国人のおばちゃんにいっぱいお菓子をもらっていた。





遺跡からちょっと外れたトイレ付近にいた子供たち。
・・ちゃんと一眼レフで撮ればよかったなー。
写真撮られるのに慣れてるみたい。小さい子は照れる。
でもね、男の人がカメラを向けるとしらん顔するの(笑
それに気づいた韓国人の男の人が、私がカメラを向けた隙に撮ってた。
そして私を見て「ニホンジン?」 さすがに韓国人には見えんよね。

後ろの白いシャツを着たお兄ちゃんはオトコマエだよね。


■バンテアイ・サムレ





人が少なかった。
ここ、なぜかあまり写真撮ってなかったんだよねー。
中央祠堂で占いのおじちゃんに捕まって
なかなか離れられず時間食った・・てのもあるんだけど。
一応、本で読んで知ってたけど、ここにもいるとは思わず。
内容はクメール語なので、サッパリだったけど、
VERY GOOD!と言っていたので、とっても良かったと勝手に解釈した。
その時手首に巻いてもらった赤い紐、もうすぐ切れそうなんだよね・・・。



■プレ・ループ

ピラミッド式寺院。
建物が東メボンとソックリだけど、こっちの方がデカイ。


この写真は南からみたプレ・ループ
入り口は中央のみで、この写真から見える扉は偽扉。


最上部からの眺め



4つの顔のデバターを撮り忘れる。



お昼はプレ・ループ近くのレストランへ。
ダンナさんがフランス人で、奥さんがカンボジア人のレストランらしく、
フランス人観光客が多い。・・でも店の名前が分からん。本にも載ってないし。

ここで食べたのはパスタ。


でもこれパスタってよりうどんだよね。
vannはパイナップルが入った炒め物?
肉より野菜が好きらしく、いつも肉は残しがちなvann


食べた後、ちょっと休憩。vannに日本語を教える。
かなり勉強してるみたいでスゴイ。


会話した中で分からないものは、全部ここに書き込んでる。


私もこれぐらい英語勉強したら、もっと旅も楽しいだろうなーと思う。


一旦ゲストハウスに戻って、昼寝。


■アンコールワット

実は、昼寝しすぎて見る時間がかなり少なくなった・・・・。
プノンバケンからの夕日を見る時間が迫ってたので、半分は明日へ。

曇ってたので、とりあえず内部中心に。
外観の写真は天気が良かった3日目に載せまーす。


西塔門


ヴィシュヌ神像


ナーガ(蛇神)


象の門


サンライズを見た場所。聖池の前。
ここで自分も写真を撮ってもらったんだけど、
家に帰ってきて去年の写真と池の周りが違うことに気づいた。
去年、バンコクで出会ったNさんに帰国後、アンコールワットに旅行した時の写真をもらったんだけど
その写真には池の周りに石が敷き詰めてあったんだよねー。それがなくなってた。
現地でも「前来たときと変わった!」と言ってた人がいて、
何のことだろう?と思ったんだけど、帰ってきてその写真を見て気づいた。
なんで無くなったんだろうねー。池に落ちちゃう人がいたのかな?
Nさんは元気にしてるのかなー?




第一回廊のレリーフ


第一回廊 南面東側 「天国と地獄」
上:極楽界 真中:裁きを待つものの世界 下:地獄


第一回廊 南側の天井 暗くて手ブレ


東面南側 「乳海攪拌」 サルの将軍ハヌマーン
神々と阿修羅が大蛇(ヴァスキ)で綱引きをして不老不死の薬を作っている場面。


十字回廊のレリーフ 作業途中のままの透かし彫り


第一回廊と第二回廊の間




デバター


十字回廊 沐浴の池跡地


昔は朱色で、回廊の周りには金箔が施されていたらしい。
十字回廊の天井には色が残ってた。


ここのデバターも朱色

夕日鑑賞のため、時間がなくなる・・・。
ここはかなり時間無いと全部見て回れないよー。
アンコールワット続きは3日目に。


■プノン・バケン(夕日鑑賞)

バタバタ、アンコールワットを後にして、プノンバケンへ。
私はてっきり、山頂までトゥクトゥクで行けるものだと思っていたら、
下の入り口で降ろされた。えぇ、軽く登山ですよ・・・。
ゾウに乗っていく方法もあったけど、ここは頑張って登る。
普段運動してる人には何てことないだろうけど、
運動不足の私にはかなり堪えた。意外と昼寝してよかったかも。


プノンバケン


遠くにアンコールワットが見える


プノンバケンのデバター


森に沈んでいく夕日


階段がメチャメチャ急。どこの遺跡もかなり急。みんなビビリながら降りてる。
一眼レフを手に持ってた私はどこの階段もハラハラしたよ。


今日の遺跡観光は終わりー。

夜はvannにオールドマーケット付近まで連れて行ってもらった。夜ゴハンはこれー。

ココナッツミルクライスと魚をフライにしたやつ。
甘いけど、疲れた体にはちょうどいいかも。


vannが頼んだサラダとスープ。
このサラダがメチャメチャ美味しい。

店はこんな感じ。



メニューはなんて書いてるか全然分からない。
でも写真付き+英語のメニュを持ってきてくれる
あ、ちなみに夜ゴハンもvannにおごってもらいました。

その後は1人でナイトマーケットへ。
最近出来たらしい。外国人観光客向けのマーケット。




ここでTシャツを$4で購入。安いー!と思ったけど、
やっぱもう一枚欲しくなって、別の店に行ったらなんと同じTシャツが$1。
えぇ〜っ
やっぱいろんな店を見て回るべきだね。あはは。


Dr.Fishという看板のお店を覗くと、魚が人間の足を食べてるーw



面白そう。覗き込んでたら、イギリス人らしき(?ヨーロッパ系だと思う)兄ちゃんに
「Let's try!!」とか言われて乗せられたので、やってみました。


ちょーくすぐったい!!!!!!
でも気持ちいいです。15分5ドルだったかな?多分。
30分が10ドルだったと思うが・・イマイチ記憶が怪しい。

ナイトマーケットでブラブラしたとは、歩いてゲストハウスへ。


シヴォタ通りの屋台。


シヴォタ通り


疲れたー。
シャワー浴びて、爆睡。


3日目に続く。
3日目の方が好きな遺跡が多いかなー。天気も良かったし!


この日記を書くのに、写真選んで小さくして文章書いてトータル5時間ぐらいかかった。
3日目書くの何日かに分けようかな・・・・。


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

INFORMATION

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 惑星ショコラ
    akemi
  • 惑星ショコラ
    ayako
  • 惑星ショコラ
    akemi
  • 惑星ショコラ
    ayako
  • アルバム合宿
    akemi
  • アルバム合宿
    ayako
  • 今日の昼ごはん。
    akemi
  • 今日の昼ごはん。
    koume

links

profile

search this site.

others